LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇- のこと

f:id:kry_0529:20180917190010p:plain

 

 LILUMである。LILIUMはモーニング娘。'14選抜メンバー、スマイレージハロプロ研修生によって2014年に公開されたミュージカルである。森の奥のサナトリウムを舞台に、醒めない夢に翻弄される吸血鬼の少女たちの運命を描いている。――舞台は吸血種の少女たちが療養するサナトリウム。ある日シルベチカが失踪して友人のリリーが行方を探すが、皆は「シルベチカなんて知らない」という。シルベチカの存在はリリーの妄想なのか悩む中、日ごろ単独行動しているスノウが「彼女を探さないで」という。シルベチカ失踪の謎、そしてサナトリウムの真実が解き明かされる時、少女たちの残酷な運命が浮かび上がっていく――(Wikipediaより引用)

 

 はぁ、という感じである。アイドル、舞台、ゴシック。事前のファンでもないと取っ付きにくい要素を順に並べたようで、近寄りがたさを感じる。しかしLILIUMの人気は根強く、勧める人は多い。「たかがアイドルの一公演」とは言わせないという熱量が、彼らにはある。

 

 今回LILIUMを観ることになったのもフォロワーから熱烈に(そう、熱烈にである)勧められたからである。人に何かを観させたいと思う時に取れる作戦は大きく分けて二つあると思っている。一つはその作品の話を延々とし続けること。娯楽が幾らでも溢れている現代、「面白い」と思わせる以前に「こういう作品が存在する」と知ってもらうことには価値がある。知らない娯楽は選択できない。相手の記憶に少しずつ根を降ろしていくことで、ふとしたタイミングの選択に「あ、そういえば……」と思わせることが出来ればこちらの勝ちである。この方法は即効性には欠けるが、誰にも気づかれないうちにじんわりと思考を操作していくような感触があって面白い。SNS上の緩い双方向性コミュニケーションが発達した現代ならではの手法だと思う。二つ目は観せたい相手に直接名指しで推薦するやり方。今回食らったのはこっちである。このやり方はとても難しい。信頼関係が構築されていないと相手にされないし、相手が満足する自信のあるものを勧められないとお互いに不満が溜まるだろう。しかし効果は絶大であり、信頼のおける相手からの一撃は重い腰を動かし新しい刺激に身を任せるに十分なインパクトを持つ。こうした「推薦」という行為を技術として体系的に纏めた本とか無いのかな、と日々考えている。心当たりがある人は是非教えてほしい。

 

 閑話休題。LILIUMの話である。実際のところLILIUMは非常に面白かった。傑作と言っていい。前述したような取っ付きにくさを持っているにも関わらず、多くの人を惹きつけるだけの面白さがあった。特筆すべきはミュージカルとしての音楽、そして練りに練られたシナリオの二つである。

 

 音楽面は非常に優れている。ミュージカルの歌詞は説明的になりがちで、抑揚の少ないだらだらとした曲調になってしまうこともあるのだが、LILIUMのそれはどれも格好良く、叙情的で、感情の奔流のような力強さに満ちている。演者がアイドルというのもここでプラスに働いている。歌、踊り、そしてそれらをステージで「魅せる」ことにおいて彼女たちは既にプロフェッショナルだ。劇中の谷間の部分で緩んだ雰囲気が流れる場面があっても、曲が流れ始めた途端に空気は一変する。「アイドルの舞台なんてチープな出来なんじゃないか?」という心配は開始五分で杞憂に終わる。

 

 リリー役を演じる主演の鞘師里保。彼女がすごい。まず猛烈に顔が良い。Eラインが綺麗すぎてビビる。アイドルを揃えて綺麗どころばかり集まっている舞台上で一際目立つその容姿は、まさに主役といったオーラを湛えていて、この物語の重厚感を大きく引き立てている。さらに演技も良い。彼女は顔が良いだけの客寄せパンダなどでは決してなく、舞台の中心に立って物語を牽引するに足りる演技力を持っている。顔が良い女が質の高い曲に乗せて真に迫る演技をする――そんなの面白いに決まっている。

 

 シナリオの話をしないわけにはいかない。失踪したシルベチカ、それをサナトリウムでただ一人覚えているリリー。秘密を隠している寮長の二人。人間と吸血鬼の混血であるがゆえに虐げられ続けた少女、マリーゴールドが爆発させる感情。全てを知る孤独な少女、スノウ。そしてTRUE OF VAMPなる吸血鬼の祖とサナトリウムに隠された真実……。「サナトリウムに囚われた吸血鬼の少女たちが迎える残酷な運命」という胃もたれしそうなほど油っこい設定がテンポ良く、わかりやすく展開されるの脚本は見事の一言。特に終盤の畳み掛けは凄まじい。初回公演では拍手すら起きなかったという噂も納得の鞘師さんの熱演、いや怪演。全部最後のアレが悪い。いやアレが良いんだけども。

 

 総じて「アイドルなのに凄い舞台なんだよね」ではなく「アイドルだからこそできる舞台」になっていたと思う。主張の強いゴシックな白衣装を彼女たちはしっかりと着こなすし、ミュージカルのキモとなる歌とダンスは観客を魅了するに十分な迫力を持っている。舞台上の演技は、そりゃあ本職の舞台俳優と比べると些か見劣りするかもしれない。でも決して拙いということはないし、その発展途上の演技は、サナトリウムに閉じこもり俗世間に触れていない吸血鬼の少女らしさに質感を付与しているのではないか。

 

 得てしてこういう文章は「……というわけで超面白い◯◯は配信サイトの××で視聴できるので是非どうぞ」という締め方をするものだが、残念ながらLILIUMは9/14(金)を持ってU-NEXTでの配信を終了してしまった。他に配信しているサイトがあるのか、よく分からない。いずれどこかの配信サイトで配信が再開されると思うのでそれまでこのLILIUMという作品の名前を覚えておいてほしい。LILIUMの名前を再び目にした時にハッと思い出せるように。

君はいますぐ「ペンギン・ハイウェイ」を見に行かねばならないと僕は考えるものである。

f:id:kry_0529:20180911232039j:plain

 

 ペンギン・ハイウェイを見た。少年とお姉さんとペンギンを中心に描かれた非常に面白いSF映画で、視聴後にじんわりと全身が満足感に包まれる一方で、SNS上でお姉さんのおっぱいが大きいことにしか言及していない連中に対して沸沸と怒りを感じていた。お前たちはおっぱいのことしか話せないのか。それではおっぱいに興味を示す人にしか届かないではないか。アオヤマくんがお姉さんに抱く未分化した感情や、研究に対する真摯な姿勢、ペンギンの正体、知性の描き方、お姉さんの表情や振る舞いそして言葉使いが構成する絶妙な「お姉さん」という存在を一切掬い上げられていないではないか。そうした大きな気持ちを抱いた。しかしこれも仕方ない部分はある。娯楽が飽和する現代社会、大衆に訴求するには分かりやすくインパクトのあるフレーズが重視される。短文に情報量を詰め込めようとするSNSなら尚更のことだ。その中で彼らが目を付けたのが「お姉さんのおっぱい」だったのだろう。しかしここはブログという一定以上の文章量を許容されている媒体なので、思う存分文字を使ってお気持ちを書き表したい。彼らの事情は理解しないでもないが、感心もしない。

 

 と、おっぱい論者に対してけちを付けては見たものの、この映画が少年が大きなおっぱいとお姉さんに向ける大きな感情を描いた映画であることは事実である。主人公であるアオヤマくんはお姉さんのおっぱいへの興味を恥ずかしげもなく公言するし、彼のノートにはおっぱいのスケッチや大きさを計算する数式が書かれている。そして彼はお姉さんのおっぱいをいつも見ている。どれだけ見ているかと言うとお姉さん本人に「私のおっぱいばかり見ているじゃないか」と窘められるほどである。映画の画面構成も、彼の視点を反映しているかのようにお姉さんのおっぱいを常に写している。立つお姉さん、座るお姉さん、チェスを指すお姉さん、寝るお姉さん。どのお姉さんが映されるときでも、わざとらしくない程度に(それだけおっぱいばかり映っているのでどうやってもわざとらしいのだが)おっぱいが画面に収まるようにカメラが向けられている。それを見てアオヤマくんが「なぜ僕はおっぱいのことが気になってしまうのだろう。なぜおっぱいはいくら見ていても飽きないのだろう。お母さんのおっぱいと物体としては同じなのに、どうしてこんなにも印象が違うのだろう」と悩むシーンが好きだ。まず、アオヤマくんは頭が良い少年なのである。どれほどかと言えば原作の小説は「ぼくはたいへん頭が良く――」から始まるくらいで、彼は非常に賢く、そしてそれをきちんと自覚している。そんな聡明な少年がお姉さんのおっぱいに対して抱いた感情をうまく言語化できず、ノートに整理してまで思い悩むのである。賢く早熟な少年が、感情という名の理論の通じないモンスターに対して、言葉と思考と観察を費やす場面が、猛烈に好きなのである。

 

 アオヤマくんについての話をしたい。アオヤマくんは先述した通り賢い少年であり、今作の主人公である。この映画の好きなところの一つに「賢さ」の描写の巧さがある。アオヤマくんは何度も繰り返している通り「賢い」少年なのだが、では彼の「賢い」という性質はどのように表現されるべきだろうか。ここで「テストでいつも満点」とか「先生の稚拙な説教を論破」とかいう描写をされると一気に興ざめなのだが(こうした展開に興ざめする感情の動きを、何も言わずとも理解してくれる人向けにこの文章は書かれているので細かいロジックの説明はしない。こうした表現を好む層がいることも事実である)、実際のところアオヤマくんの「賢さ」は研究的思考と整然とした発話に纏められていて、その描写が非常に気持ち良いのである。アオヤマくんは何でもノートに書く。気づいたこと、見たこと、思ったこと、考えたこと、やるべきこと。その全てをノートに書く。そうして蓄積した情報から新しい仮説を導くと次はそれを実証する。条件を変えながら実験を繰り返し、その結果をまたノートに纏める。そうして仮説を証明したり、また新しい仮説を考えたりする。彼の姿勢は科学そのもので、それでいてこまっしゃくれた感じはない。アオヤマくんは頭の使い方と同じくらい、ノートの使い方を知っている。そんな彼の賢さの表現はすごく上手で、納得と満足感があった。

 

 アオヤマくんの友人にウチダくんという人物がいる。ウチダくんはアオヤマくんのクラスメイトで、アオヤマくんと同じく強い知的好奇心を持つ少年である。彼の存在がアオヤマくんのアオヤマくん性(とでもいうべきもの)をうまく強調していると思う。ウチダくんはいわゆるテンプレート的な――渾名がハカセになるような――少年で、街の探検とそれを地図に纏めるのが好きで、眼鏡をかけていて、気弱で、クラスの図体がでかいやつにびくびくしている。ではアオヤマくんはウチダくんとどう違うかというと、一番にアオヤマくんは自信に満ちている。発言ひとつひとつが吟味されていて、躊躇がない。アオヤマくんの話し方を聞くと誰もが大人っぽいと感じるだろうけど、その原因は言葉使いが大人びているからでも、子供らしくない論理的な会話をするからでもなく、その喋り方にある。アオヤマくんの淡々と、それでいて自分の正しさを疑わない自信に満ちた話し方は聞いていてとても気持ちが良いのだ。二番目に思考力にも差がある。ウチダくんはあくまで「好奇心旺盛な子」という範疇を出ない。一方アオヤマくんには先述した通り科学的な、研究者的な視点を持っている。この物語はアオヤマくんの住む郊外の住宅街に突然ペンギンが現れるところから始まるのだが、突然現れたペンギンに興奮する一方のウチダくんに対してアオヤマくんはその現象の原因について考察し、仮説を立てようとしていた。こういう対比を繰り返してアオヤマという少年の特別性をすこしずつ浮き立たせていくのは上手かった。

 

 ウチダくんのような少年が「お姉さん」に出会い、新たな経験を積んで、一皮向けて大人になっていくという成長譚としての物語は王道の一つだろうけど、その道を進まなかったのがペンギン・ハイウェイなのだ。ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ性を担保しているのはアオヤマくんなのだと思う。やや余談だけどウチダくんがペンギンに名前をつけていたのが好きだ。アオヤマくんは名付けなんてする素振りもみせておらず研究対象として見るばかりだったので、そういうところがアオヤマくんとは違う、ウチダくんの良いところなのだと思う。

 

 本当はもう少しお姉さんのこととか、アオヤマくんと同じくらい知的でアオヤマくんの百倍は感情が大きいハマモトさんのこととか、アオヤマくんのお父さんの聡明な教育的態度とか、そういう話をする予定だったが、街に訪れた謎を解明していくアオヤマくんの賢さが好きで仕方がないという自分の気持ちがハッキリしてきたのでこの辺にしようと思う。特に話の根幹に関わる話はしていないと思うので是非劇場に足を運んでこのうまく作られた作劇を堪能してほしい。会話の妙、街を襲う謎とその解明、アオヤマくんとお姉さんの間の感情の機微、どれもがすっきりとアニメーションとしてうまく纏まっていて、非常に面白い映画になっている。原作小説をどう読み替え、抽出し、再構築したのかも興味深いはずだ。自分は早速Kindleで購入して読み始めているところで、読み終わり次第もう一度劇場に足を運びたいと考えている。

 

 君はいますぐ「ペンギン・ハイウェイ」を見に行かねばならないと僕は考えるものである。これは仮説ではなく、個人的な信念である。

penguin-highway.com

半ナマ百合への向き合い方が分からなくて体調崩した

半ナマ百合にハマったくさいんだけど、どう向き合ったらいいのか分からず感情の行き先を定められずにいたら全く眠れず体調を崩した。つい昨日の話だ。頭痛と腹痛がキツい。タイトルの時点でオチているので蛇足でしかないが書けることを書いておきたい。何かしらの形で外に出して代謝を促さないとこの自家中毒は治らない。

 俳優やアイドルにハマって来なかったから経験値が無い。半ナマへの向き合い方が分からない。推しカプとか言っていいわけ? どのような配慮をすべき? 感情の矛先はどこに向ければいい?著作権方面の問題と言うよりは外野が騒ぐことで二人の関係性に余計な影響を与えてしまうことが怖い。

一次にせよ二次にせよ、創作コンテンツを見る分には問題なかった。「女と女が〜」とか「感情が〜」とか「実在性が〜」とか言ってればよかった。(この言い回しもやや古くなってはいるのでアップデートは必要なのだが)ベクトルの向け方はある程度分かっているつもりだった。インターネットの治安の悪い発言を見てゲラゲラ笑い、苗字を呼び捨てにした妄言を電子の海に垂れ流しておけば良かった。創作物は次元の壁に遮られて水質汚染の影響を受けない。

だけど今回は違う。半分とはいえナマだ。彼女たちは私たちと地続きのインターネットに生きていて実在性2.0との向き合い方を突きつけてくる。実在はそこにあり、同じ海を漂っている。今まで無節操に垂れ流してきた廃水は管理下に置かねばならない。海に廃水を流してはいけない。

つまり廃水処理場を作ってその中で泳いでいくことがこれからの目標になるのだろう……おっ向き合い方の答え出たじゃん!やったぁ!やっぱり書き出すって大事だね。人間は弱いから自分の感情すら上手く処理できないのだなぁと改めて思いました。ていうか半ナマ以前に現実の ”圧” が強過ぎてお腹痛くなる。2018年のインターネットコンテンツマジでスゲーよな……これが平成が終わるってことなのか……みたいなお気持ちです。以上現実の速度が速すぎて身体が悲鳴を上げた話でした。かしこ。

うんこ!ちんこ!女子小学生のおしっこ!ダンゲロス1969を読め

先日、京極夏彦の「鉄鼠の檻」を読み終えた私は次に何を読むべきか悩んでいた。

順当にいくなら次の「絡新婦の理」を読めばいいのだが、シリーズ最高傑作との評判に少し気後れした。一旦クールダウンしたい。馬鹿げていて、笑えて、インパクトがあって、それでいて読み応えのあるような、そんな本は無いだろうか……!

そんな時に飛び込んできたのが横田卓馬先生によるダンゲロス1969コミカライズ決定の告知だった。

 

何年も前、フラッと寄ったコンビニで立ち読みしていたら面白そうな漫画が載っていた。「魔人」という超人的能力者、コミカルな能力名、躍動感に富んだ作画、どれも非常に好みで一目で気に入ったのを今でも覚えている。それがコミカライズ版「戦闘破壊学園ダンゲロス」。その日のうちに原作小説をAmazonで注文した。

 戦闘破壊学園ダンゲロスは一言で纏めるなら「学園能力バトル物」である。「魔人」と呼ばれる能力者たちが存在する世界。多くの魔人が在籍する私立希望崎学園・通称戦闘破壊学園ダンゲロスでは生徒会と番長グループ、二つの魔人組織が対立しながらも膠着状態を続けていた。しかしある事件をきっかけに関係は急激に悪化。学園公認の全面戦争「ダンゲロス・ハルマゲドン」勃発へと発展。容赦無い殺し合い、絡み合う思惑、そして「転校生」……ハルマゲドンの結末とは!?と結末の見えない展開が魅力……なのだがそれだけではない。ダンゲロスの一番の魅力はバカバカしく、下品で、荒唐無稽な能力や人物にある。

例えば鏡子という魔人がいる。メガネに三つ編みのいかにもといった地味な風貌をしているが彼女の本質は全く違う。本文中の説明が特に好きなので引用する。

この “魔人” 鏡子一見するとあどけない容姿だがその実超絶的な性技を備えた人を超えた淫乱ビッチ!! 荒淫において右に出るものなしと言われたビッチ中のビッチ!! ビッチ・オブ・ビッチである!! おそらく宇宙一 セックスが巧い

ここで面白いのは鏡子の性技術は魔人能力によるものではないというところだ。研磨と鍛錬により磨き上げた技術一本で宇宙一のビッチとなった女。一撫でで射精に導くことが可能で時間を掛ければ衰弱死させることすら容易いほどのビッチ。後年には人間国宝に指定されその名前は性行為と同義として辞書に載るほどのビッチ。まさしく本物の人間である。

そんな彼女の能力「ぴちぴちビッチ」は己の持つ鏡の中に半径2キロ以内の任意の場所の映像を映し出し、その鏡の中に映った物質・人物に対し「卑猥な目的」でのみ鏡を通して干渉が可能というもの。先の性技と組み合わせることで範囲内の人物を即座に射精させ無力化させることができる最強の門番なのである。

他の能力者もクセが強い。発火能力とは無効化能力とかそういう一般的能力バトル物で見られるような能力者は皆無で、範囲や条件に妙な制限が付いたり用途がイマイチ不明瞭な魔人ばかりである。こうした能力の応酬、エログロバカな魔人たち、それでありながら御都合主義で無いロジカルな展開がダンゲロスの面白さである。小説版コミックス版共に発売中。戦闘破壊学園ダンゲロスを読め。

 

話を冒頭に戻す。このダンゲロスの続編がダンゲロス1969である。1969年を舞台にした過去編に相当する内容になっているが登場人物はほぼ新規キャラクターなのでこちらから読んでも全く問題無い。それが前回同様に横田卓馬先生によってコミカライズされることになったのである!

コミカライズを担当した横田卓馬先生は天下の少年ジャンプで「背筋をピン!と」「シューダン」と青春部活漫画を二度続けて連載していたので「そっち」の路線で行くのだとばかり思っていた。金玉や精液や女子トイレでオナニーする漫画はもう描いてくれないのかも……と内心寂しく思っていたところにこの朗報である。大いに興奮した。

恥ずかしい話ではあるがこの時点ではダンゲロス1969を未読だったばかりか存在すら知らなかったのだが「馬鹿げていて、笑えて、インパクトがあって、それでいて読み応えのあるような本」、まさしくこれではないかと運命的なものを感じつつ即座にAmazonで購入した。数年の月日の間に紙から電子書籍へと読書形態を移行していたのだが、Amazonを使って購入するところはそのままだったのが可笑しかった。

 

さて件のダンゲロス1969である。今作は学生運動に焦点が当てられていて、東大安田講堂に立てこもる魔人学生とそれを殲滅せんとする魔人公安の戦いとなっている。要は前作と同じく陣営VS陣営の能力バトルの構図である。

今作では何がパワーアップしているか?それはエロ、そしてバカである。前作でもその様子は見られたが、エロは誇張が過ぎると一瞬でバカになる。例えば先述の鏡子。「一撫でで射精させる宇宙一セックスが巧いビッチ」がバカの領域に片足を突っ込んでいることは納得できるかと思う。今作の魔人はさらにレベルアップ。腰までバカに浸かりきった下品っぷりである。

まず魔人公安の神乃太陽。彼はうんこと炎を置換する能力を持っている。うんこが炎になり、炎がうんこになる。一見ただのバカ能力だが侮ることなかれ。学生運動を中心に進むこの小説では学生側の基本武器はゲバ棒、そして火炎瓶である。後者を完全に無力化する防御の要として神乃は八面六臂の活躍を見せるのだ。

その神乃の相棒となるのが同じく魔人公安のゴリラ。通称ゴリさんである。ゴリさんは文字通りゴリラなのでうんこ投げを得意としている。その腕は百発百中。狙った獲物は逃がさない。ゴリさんがうんこを投げつけ、神乃が炎に変える。ゴリさんと組むことで最強の盾は最強の矛に変化するのである。

タイトルに挙げたうんことはもちろんこの二人のことであり、当然ながら常にちんこ丸出しの魔人公安清水一物や女子小学生のおしっこ限定で水操作能力を行使できるアトランティス鈴木などがいる。前回同様ロクな能力者などおらず、登場人物欄を読むだけで人生が豊かになること請け合いである。

 

ではバカ要素をマシマシにしたダンゲロス1969はバカ小説なのか?と言われるかもしれないがそれには大きな声で否と叫びたい。魔人という架空の設定と実在した学生活動を上手く馴染ませて説得力を持たせた活動理念、公的機関であるが故の魔人公安のしがらみ、どちらにも理がある二者の衝突、裏切り、すれ違い、そして月の女王。ふざけているとしか思えない能力が巧みに文脈を作りその応酬は大きなうねりを作りながら物語を進行させていく。学生、公安、勝つのはどちらか。誰が死に、誰が生きるのか。飛び交ううんこと精液。そして恋の行方。社会派小説としての側面も持ち合わせた非常に面白い小説となっている。コミカライズも始まり非常に良いタイミングなので小説漫画共に読んでみてほしい。ダンゲロス1969を読め。

 

ヤングマガジン サード 2018年 Vol.4 [2018年3月6日発売] [雑誌]

ヤングマガジン サード 2018年 Vol.4 [2018年3月6日発売] [雑誌]

 

 

 

ダンゲロス1969

ダンゲロス1969

 

 

 

 

 

戦闘破壊学園ダンゲロス (講談社BOX)
 

 

バーチャルYouTuberはキャラクター性の概念を拡張する

kai-you.net

先日、バーチャルYoutuber輝夜月のインタビュー記事がKAI-YOUにて公開された。

そこで語られていた内容を見て気づいたのは「バーチャルYoutuberは既存のキャラクター性の概念を拡張している」ということ。バーチャルYoutuberの新しさはここにある。

キャラクターという存在と私たちの住んでいる世界との間には次元という名の断絶がある。エンターテイメント性を高める手段の一つとしてこの断絶を埋めようとする様々な工夫が凝らされてきた。

例えば声優のメディア露出。声優個々人の人格やパーソナリティに魅力を感じている部分がある一方で、その奥にキャラクターの影を感じることが一切無いとは言えないだろう。三次元のヒトを通して二次元のキャラクターの実在を感じていると言える。

例えば拡張現実(AR)やバーチャルリアリティ(VR)の技術。フィクションのフィクション性はそのままに、それを現実に投影するかたちで新しい実在を体験できる。こちらは現実空間(三次元)を二次元化していると言えるだろう。

2次創作にもこの流れはあって、シナリオの上では不要なノイズなので描写されない要素を限界まで拾い上げていく等の工夫によって一つの人格としての強度、いわゆる「実在性」を高めていく創作形態がある。

ここでバーチャルYoutuberの何が新しいのか。それはキャラクター性の方を拡張し、現実に肉薄させてきたところだ。二次元を限界まで三次元化したと言ってもいい。

彼ら/彼女らは私たちと同じ時間の軸で生きている。同じ時間、同じ文化、同じ日常を共有し「まさしくそこに存在している」かのような存在としてふるまう。同じ季節を感じ、流行りのゲームを遊び、リアルタイムで放送をする。それが動画という情報量の豊富な媒体に乗せて発信されることでこの上ない説得力を持って私たちに届けられる。同時性、即時性が最大限に高められた、今までにない強度の実在性をもつキャラクター概念。それがバーチャルYoutuberの新しさ、強みの本質だ。バーチャルであること、Youtuberであることは技術と流行がたまたまその位置にあったからに過ぎない。

 例えばバーチャルYoutuberがよく行っている生放送。これは今までのキャラクター概念ではほぼ不可能なことだった。声優を呼んでニコ生を放送したり、ネットラジオを放送することはよくあったがそれはやはり声優であってキャラクターではない。ボイスドラマの形式でキャラを演じる放送は可能だったが、それでも音声しか届けられない。リアルタイムで絵を動かしながら生の音声を放送することは至難の技だ。

その点バーチャルYoutuberはどうだろうか。元気に喋り、企画を進め、フリートークで場を盛り上げる。生放送ならではのハプニングは彼ら/彼女らの実在性をより強調する。その様子がリアルタイムで「動画」のかたちで配信される。リアルタイムで、動いて、喋る。それがインターネットを通じて即時に、同時に私たちに届けられる。この点においてバーチャルYoutuberは今何よりも強い優位性を持ってインターネットのストリームを席巻している。「年越し生放送が出来るキャラクター」とイメージしてもらえば今までのキャラクター性との違いがイメージしやすいのではないだろうか。同じ時間を共有できる(現状)唯一のキャラクター概念。それがバーチャルYoutuberなのだ。

繰り返すがバーチャルYoutuberの強みの本質は「拡張されたキャラクター概念」にあって、バーチャルであることでもYoutuberであることでもない(もちろん、バーチャルだからYoutubeだからこその強みは存在する)。ということはこの先、バーチャルではない技術、Youtubeではない場所で同様の拡張が発生することは大いにあり得ることだ。例えばバーチャルYoutuberの生放送の要領でLive放送されるテレビ番組。例えばスクリーンへの投影によるライブツアーを行う歌手。きっとそれは全く新しいキャラクター体験として私たちの目に映り、キャラクター性はさらに拡張されて私たちとキャラクターの境界は限りなく空っぽになっていくだろう。 新しい時代はもう目の前にまでやってきている。

今日見た映画(キングスマン:ゴールデン・サークル、レズ戦車)

今日は映画を観に行こうと思っていて、前日から上映時間を調べて準備していたのに朝起きたらメチャメチャ寒くて布団から出られず二度寝した。二度寝してからもう一回上映時間を調べたら今からでも間に合いそうだったので映画館まで足を運んだ。

 

特に何かがあったわけではないけどそこそこに余裕の無い日々が続いていて、映画館に来たのは久しぶりだった。今調べてみたら6月のKING OF PRISM PRIDE the HEROを観た時が最後だったので半年以上空いていたらしい。

あまり映画を観る習慣の無い家庭で育った。映画館で観る機会となるとなおさらで、記憶しているのは二、三回ほどしかなかった。その分を埋めようとして積極的に観ていこうと考えていた時期もあったのにすっかり忘れていた。

 

何か新しいコンテンツを、特に外出しないと手に入らないコンテンツに触れるのは結構メンタルに余裕が必要なようで(もちろん人によって程度は変わる)、興味の湧いた映画をスッと観に行けるくらいの精神的な余裕をキープしていきたいなと思った。まあそういうわけにも行かない人が多いんだろうけど。

 

適当にコンビニで買ったサンドイッチを詰め込みながら発券した。平日の昼だったので誰もいないかと思っていたのに意外にも4割くらい埋まっていて驚いた。

 

1本目は「キングスマン:ゴールデン・サークル」。

www.foxmovies-jp.com

ロンドンの高級テーラーを表の顔とする世界屈指の諜報機関キングスマンが派手に人を殺しまくるアクション映画の続編。人がサクサク死ぬという触れ込みが魅力的で、前作は観ていなくても問題無いとのことなので選んでみた。

 

開幕早々にド派手なカーチェイスが繰り広げられてもうこれだけで面白かった。ビシッと高級スーツに身を包んだ英国紳士が高級車内で取っ組みあいの銃撃戦をする。車はスパイ仕様なので至る所に銃が隠されていたりしてマウントの取り合いの行方が読めない。ロンドンの夜とカーチェイスの奇妙なマッチが観ていて気持ちよかった。

この映画には「秒でアガる」というクソ頭の悪いキャッチコピーが付けられているのだけど、実際秒でアガってしまう。本当に良いコピーだと思う。

 

タイトルにもなっているゴールデン・サークルとは今作で敵対する世界規模の巨大麻薬組織だ。

組織を取り仕切る女ボスのポピーは摘発を恐れてカンボジアの山奥に潜んでいるのだが、自己顕示欲の強い彼女は山の中でひっそりと静かに暮らすことには耐えられず、山の中に50年代の町並みを模した建築物を用意させてポピーランドと名付けてそこに住んでいる。

f:id:kry_0529:20180113002643p:plain

f:id:kry_0529:20180113002538p:plain

カンボジアの山奥に作っていい建物じゃない。

 

この女はマジでイカれているので人の命なんてどうとも思っちゃいない。二枚目の画像左側に座っている浅葱色の服を着たハゲはこのあとミンチ肉にされる。「無残に殺される」という意味の比喩ではなく、加工機に掛けられて文字通りのミンチになる。右の男はそのミンチで作ったハンバーガーを食わせられる。フィクションならではの荒唐無稽さがガンガンに突き刺さってくる。最高。

 

この映画では人の命が軽い。ポピーはヘマをした手下をすぐに惨殺するしキングスマンのメンバーですら冒頭にミサイルを本部に打ち込まれて大半が死ぬ。警備役のモブチンピラに至っては死に様すらロクに映してもらえない。

そんな世界観の上に立っているにも関わらず、魅せるべき場面では死を重く表現できていた。そこが特に面白かった。ただ人を殺しまくるだけの爽快スプラッタではない、文脈と伏線の先にある展開が良かった。

 

 

昼は蕎麦と丼のセットをハイボールで飲んだ。薄くてアルコールの度がキツいだけのハイボールが平日の昼間から飲んでいる事実だけで最高に美味かった。落伍の味がした。

 

 

2本目「ガールズ&パンツァー最終章  第1話」。レズ戦車。

 

安藤と押田がレズセックスしてて、うひゃーーって言ってたら終わった。たのしかった。

f:id:kry_0529:20180113130552j:plain

ハァ…………

 

f:id:kry_0529:20180113130559j:plain

顔…………

 

 

何も分からなくなったので終わりです。

キズナアイ、ミライアカリ、輝夜月…… バーチャルYouTuberの世界を知っているか?

はいどーも!みなさんバーチャルYouTuberって知ってますか?キズナアイさんのチャンネル登録者100万人突破、バーチャルのじゃロリ狐娘おじさんのブレイクで一気にインターネットに広まった感があります。

最近このジャンルが気になって色々と動画を見ていたのですが、かなりハマってます。

暇さえあればYouTubeを見ているようになってしまい、この気持ちを広めたくこれを書いています。バーチャルYouTuberを見ろ。

キズナアイ

www.youtube.com

 バーチャルYouTuber界の王。チャンネル登録者100万人越えはさすがの貫禄。

YouTuberにあまり詳しくなかったんで今回調べてみたんですけど、あのヒカキンでさえ単一のチャンネルだと登録者は530万人ほどで、100万人を越えていると国内ランキング上位60位に入ります。米津玄師やディズニー公式チャンネルのすぐ下につけていると言えば凄さが伝わりやすいでしょうか。チャンネル開設は2016年10月で、ここ一年で急激に伸びてきたことが分かります。

ytranking.net

正統派アイドル風の髪型にピンクのメッシュが入ったヘアスタイルにピンクのリボン……耳……いや花びら……?を付けて可愛らしい印象に纏まっています。

 

この外見から「ほら私AIなんで」「人間のみんなと同じことができない」「この白い虚無の空間から出られないんですよ」などの自虐めいた発言が飛び出すのが面白く、動画をキャプチャした画像をインターネットで見かけることが多いです。

 

これは特に気に入っている三枚です。

f:id:kry_0529:20171221103833j:plain

f:id:kry_0529:20171221104938j:plain

f:id:kry_0529:20171221105137j:plain

 

ミライアカリ

www.youtube.com

 

国内二番手YouTuberは青いカラーが特徴的なミライアカリ。

初音ミクをデザインしたKEI氏を公式イラストレーターに据え、下ネタにも果敢に挑みます。

体当たり系の動画が多く、駆け出しアイドルのような印象を受けます。

 

f:id:kry_0529:20171221111220j:plain

f:id:kry_0529:20171221111234j:plain

深夜のバラエティ番組を見ているような気分になる

 

f:id:kry_0529:20171221110356p:plain

二番手の弱み


チャンネル登録者数は16万人ほどでキズナアイには水をあけられている形になっていますが、動画を上げ始めたのは今年の10月なのでまだまだこれから伸びていくバーチャルYouTuberだと思われます。


エイレーン

www.youtube.com

 

実はミライアカリはアニメ娘 エイレーンというチャンネルから始まったプロジェクトです。エイレーンは2014年ころから動画を上げているので、恐らく国内では最も古いバーチャルYouYuberです。動画のリストを見てもらうと分かると思いますが動画の内容はかなり不健全よりで、インターネットの猥雑さが詰まっています。下ネタを連呼するのはザラ、北朝鮮やISISをネタにしディズニーにケンカを売っていく動画スタイルは往年のニコニコ動画を彷彿とさせます。

f:id:kry_0529:20171221120002p:plain

インターネットの動画だな〜〜って感じでこれはこれで好きです

ミライアカリの動画に下ネタがよく出てくるのはこの流れがあるからですね。

もちろんこんな動画をYouTube様が許容するはずもなく、たびたび広告収入をストップさせられていたようです。

www.youtube.com

www.youtube.com

登録者1000人、100,000人突破記念動画では身の上話が語られています。父親の死、海外での生活、ブラック労働など架空のキャラクターへの設定としては煮詰まっているうえに必要以上に暗い過去なので制作者の実際の過去だろうと思われますが、どこまで実話なのか判断することはできません。

恵まれているとは言いにくい過去を経てどのように動画制作を始めていったのかが綴られ、2Dから進んでオリジナルのアニメを作りたい!という気持ちを熱く伝えています。

真摯に動画を作る態度からチャンネル登録者が増えていき、遂に黒字化を達成。

 

www.youtube.com

 すると黒字化した収益と借金を元手に3Dアニメーションを作るスタジオを立ち上げると発表。(もちろんどこまで実話なのかは分かりませんが)

ここからチャンネル名を変更して本格的に3Dアニメーション企画として始まったのがミライアカリということなのでしょう。

どん底から個人製作の動画を作り続けて少しずつファンを獲得し、新しいことを初めて夢を叶えていく製作者のことを知ると動画がぐっと面白くなります。ミライアカリと合わせて見ていきたいYouTuberです。

バーチャルのじゃロリYouTuberおじさん

www.youtube.com

のじゃおじ。狐のやべーやつ。現代のシンデレラ。

可愛らしい狐娘の3Dモデルにコンビニバイトのおっさんの声をそのまま乗せた、等身大が過ぎる新進気鋭のYouTuber。

大きく話題になったあとなので詳しい説明は省きます。のじゃおじの可愛さ、ケモミミへの愛情、動画制作に向ける誠実な思いは知って欲しいのじゃ。

「なんか変なの流行ってんなw」「インターネットの闇」なんて反応で済ませないで動画を見てほしい。第8回が本当に良いです。「誠実」がそこにある。

 

www.youtube.com

nyalra.hatenablog.com

f:id:kry_0529:20171221151213j:plain

壁に貼って毎日読み上げたいくらい好き

輝夜

www.youtube.com

かぐや るな。今年の12月から動画の投稿を始めたばかりにも関わらずチャンネル登録者数は既に2万人を突破しており非常に勢いがあります。

声質が特徴的で「首締めハム太郎」のあだ名で呼ばれることが多いですが、こういう真っ当な社会で生活してるうちは絶対に聞かないであろうフレーズがぽんぽん飛び出すのはインターネットの本当に良いところですよね。

実は今一番気になっているのがこの月ちゃんで、まだ動画は3本しか上がってないんですけど毎日見てます。Twitterもフォローしました。

発音全てに濁音が付いているかのようなダミダミの声、酒入ってんのかと疑うようなヘロヘロの進行、崩れ切った敬語、笑い声、ギザ歯……全部好き………Love……

アホで喋りっぱなしの厄介な後輩に振り回されつつもちょっと悪くない……みたいな空気が良いです。コンビニでうっかり会って肉まん奢らされたい。

 

f:id:kry_0529:20171221223516p:plain

しょれでね、ッヒヘー、このワリバシィ



バーチャルYouTuberはまだまだいる

他にもバーチャルYouTuberはいます。

電脳少女YouTuber シロ

www.youtube.com

ちょっと不安になるくらい胸が大きい、YUAこと藤崎由愛

www.youtube.com

富士葵

www.youtube.com

岩本町芸能社のエントリーが話題になった環とあんず

www.youtube.com

givemegohan.pigboat.jp

ときのそら

www.youtube.com

バララとカレン

www.youtube.com

(おそらく)世界初の男性バーチャルYouTuber ばあちゃる

www.youtube.com

バーチャルYouTuberのこれからの可能性が伺えます。

バーチャルYouTuberの強み

主語が大きい話で申し訳ないんですけど、オタクってYouTuberのこと嫌いじゃないですか。オタクのこの感情の理由の一つに「顔出し」があると思うんです。自分の顔出しじゃなくて、相手の顔出しです。

インターネット初期に徹底された「顔出しは禁忌」の風潮のまま育った、あるいはその風潮に染まった人間からすると、顔出しで動画配信をする人間は「ルールに従わない部外者」なんですよね。異常な存在を恐れ、排除しようとするのは自然な感情です。

今ではインターネットに誰でも触れられる時代で顔出しで活動している人も沢山います。ですが「こいつらは別の世界の住人だ」という意識が先行してしまい、近付こうとしなかった。楽しもうとすることがなかった。そういう感情が少なからずあったと思います。自分はそうでした。

バーチャルYouTuberはそういった面倒くさい感情を綺麗にクリアしています。顔は一応出てるけどバーチャルだし。バーチャルだから顔可愛いし。声はおじさんでもモデルが可愛ければ愛が生まれることは実証済みです。

オタク層が触れようとしなかったジャンルを切り開ける。それがバーチャルYouTuberの強みだと思います。

 

 

バーチャルYouTuberのこれから

バーチャルYouTuberはこれからどうなっていくのでしょうか。個人的な意見ですがこれは一過性のブームではなく、2018年も大躍進するジャンルだと思っています。まずキズナアイの100万人達成が大きく、「人が集まるジャンル」であることが認知されつつあります。のじゃおじのインパクトによって広い層に存在が知れ渡ったことも大きいです。

YouTuberと企業がタイアップする流れが既にあります。広告動画ってやつですね。これからは企業が自社のオリジナルバーチャルYouTuberを持ち、そこで広告動画を上げるようになる日も近いのではないでしょうか。

運用期間をあらかじめ設定した期間限定の活動も考えられます。「今期のアニメ何見てる?」と同じように「今年のYouTuber誰追ってる?」なんて会話が交わされるようになる日が来るかも知れません。

 最後に

バーチャルYouTuberの勢いはすごいです。これを書こうと思った時、ひとまず現状を知ろうと思って色々と動画を徘徊していたんですよね。その時のじゃおじの第一回動画の再生回数は80,000回くらいで、「あれだけ話題になったのに意外とみんな見てはいないんだな」と感じました。バズったのは知ってるけどそれだけ。なんか闇深そうだし見たいと思わない。そういう人が多かったんだと思います。今見たら15万再生突破してました。

輝夜月ちゃんのチャンネル登録者数も、この時は5000人くらいだったんですけど今は3.5万人越えてます。すみません、上の方で2万人越えてるって書いてたんですけど、ここまで書くうちに1万5,000人増えてます。フォロワーも2000人くらいだったのに今は2万人越えてました。と言っている間にもまた増えているはずです。データが一瞬で古くなる。

インターネットの層にバーチャルYouTuberが届き始め、完全に波が来てます。

ここから大きく発展していけるのか、いまいちヒットできないまま萎んでいくのかはわかりません。ただ、「自分とは関係無い」と流してしまうのはすごくもったいないです。バーチャルYouTuber、見てみませんか。やらなければ、はじまらない……